医学用語辞典 消化器科用語【腸・肛門】

>>消化器科用語【腸・肛門】辞典トップ    >>運営者情報

下痢

伝染性下痢症

伝染性下痢症は、ウイルスを原因として起こる胃腸の炎症である。

原因
Cause
原因となるウイルスは、特定できない。冬から春に流行する届け出伝染病のひとつで、1週間程度の潜伏期間である。
症状
Symptoms
食欲不振・腹鳴・吐き気・嘔吐・下痢(悪臭)
治療
Treatment
まず絶食をして、安静を保つ。脱水症状が出たら輸液をする。

ページのトップへ ▲

慢性下痢

慢性下痢は、便の水分が吸収されずに便が軟らかくなる下痢症のひとつで、慢性的な下痢を起こすものである。

原因
Cause
腸内細菌の増殖や、大腸粘膜の過敏、吸収障害、腸粘膜の慢性炎症等の他、精神的ストレスが原因となる場合もある。多くは腸に病変なく、働きの異常による過敏性腸症候群である。潰瘍性大腸炎等の病気が原因となる場合もある。
症状
Symptoms
慢性的な下痢・発熱・嘔吐
治療
Treatment
食事療法で、脂肪の多い食べ物や香辛料、冷たいものを避け、消化の良い食事をとるようにする。

ページのトップへ ▲

急性下痢

急性下痢は、便の水分吸収ができずに便が軟らかくなる下痢症のうち、急性で起こるものである。

原因
Cause
ウイルス、細菌、寄生虫等の感染が原因で、腸の粘膜の炎症が起こる感染性下痢と、ストレスや食べすぎ、食中毒等を原因とする非感染性下痢がある。
症状
Symptoms
急な下痢・発熱・嘔吐
治療
Treatment
腸運動抑制剤や止しゃ剤、抗生物質等の薬物療法と並行して、安静状態で水分補給をする。発熱の場合は、細菌感染の可能性があるので、感染治療を行う。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【腸・肛門】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる