医学用語辞典 消化器科用語【腸・肛門】

>>消化器科用語【腸・肛門】辞典トップ    >>運営者情報

便秘

慢性便秘(まんせいべんぴ)

慢性便秘(まんせいべんぴ)とは、大腸内に便がとどまり、数日以上も便通がない症状(=便秘症)が日常的に起こるものである。

原因
Cause
便秘は病気によって起こる場合と、下記1~3のように病気以外で起こる場合がある。
1.弛緩性便秘 : 結腸の緊張がゆるみ(弛緩)、便が結腸に長時間とどまることにより水分が吸収され、便が硬くなることで起こる。

2.直腸性便秘 : 薬物や不規則な排便習慣などにより直腸の神経が鈍くなり、排便が困難になるものである。

3.けいれん性便秘 : 自律神経の調整がうまくいかず、S状結腸がけいれんを起こし、便が通りにくくなることで起こる。

下記の病気があると、腸の内径が狭くなり、便が通りにくくなり便秘になる。

⇒大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室(だいちょうけいしつ)、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)など
症状
Symptoms
不快感・腹痛・腹部膨満感
治療
Treatment
慢性便秘の原因が病気である場合は、その病気の治療を行う。それ以外の場合(上記1~3)は、食生活の改善や規則正しい排便習慣などにより完治する。

・豆類、いも類、野菜類など、食物性繊維を含む食べ物をを多く摂るよう心がける。
・便意は朝食後に催すことが多いため、朝ご飯を食べたらトイレに行く習慣をつけると良い。
・朝起きたら、冷たい水か牛乳をコップに一杯飲む。
・腸を活動させるため、適度で定期的な運動をして血液の循環をよくする。

ただし、薬剤を使用する場合は必ず医師に相談する。浣腸も有効だが、使用しすぎると直腸神経が麻痺し、直腸性便秘の原因となるので要注意。

ページのトップへ ▲

後天性巨大結腸症

後天性巨大結腸症は、結腸の拡張により、ひどい便秘となって、腹部が膨れ上がるものである。

原因
Cause
原因は、代謝異常、平滑筋障害、中毒性大腸炎等の疾患の他、ストレスや下剤の乱用である。
症状
Symptoms
吐き気・嘔吐・腹部膨満・ひどい便秘
治療
Treatment
原因となる疾患があるときは、その治療をし、それ以外は便秘治療となる。人工肛門を形成する場合もある。

ページのトップへ ▲

先天性巨大結腸症

先天性巨大結腸症は、先天的な原因で、便が移動せず、腸が拡張して、腸閉塞の状態になるものである。

原因
Cause
原因は、腸管の神経細胞の先天的な欠損で、腸が正常に機能しないためである。新生児の5000人に1人に発症すると言われる。
症状
Symptoms
嘔吐・腹部膨満・がんこな便秘
治療
Treatment
まず浣腸をし、生後6ヶ月以降に手術をする。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【腸・肛門】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる