医学用語辞典 消化器科用語【腸・肛門】

>>消化器科用語【腸・肛門】辞典トップ    >>運営者情報

腸閉塞・重積・癒着症・動脈閉塞・結核

腸閉塞(イレウス)

腸閉塞(イレウス)は、腸が腸間隔を軸にねじれて、腸管がふさがり、通過障害を起こすもので、腸ねん転とも言う。

原因
Cause
主な原因は、開腹手術による腸閉塞である。腸が閉塞される単純性イレウスと、これに血行障害が加わる複雑性イレウスがある。
症状
Symptoms
吐き気・嘔吐・腹痛・腹鳴・ガス、大便が出ない・発熱・脱水症状・ショック状態
治療
Treatment
抗生物質投与と腸管内圧を下げる処置をするが、複雑性イレウスや改善されない単純性イレウスは手術を要する。

ページのトップへ ▲

腸重積症

腸重積症は、腸の一部が腸管の中に入り込んで、通過障害を起こす腸閉塞のひとつである。

原因
Cause
原因は判明していない。乳幼児に多く、処置が遅れると、1日程度で血行障害から壊死が始まり、生命の危険がある。
症状
Symptoms
腹痛・嘔吐・血便・腹部のしこり
治療
Treatment
腸を戻すために、肛門から造影剤や空気を注入する。重症の場合は手術をする。

ページのトップへ ▲

腸管癒着症

腸管癒着症は、腸管の外側の炎症や外傷によって腸管が癒着し、通過障害等が起こるものである。

原因
Cause
原因は、胃がんや、胃や十二指腸の潰瘍、虫垂炎等内臓疾患の開腹手術、子宮筋腫、帝王切開である。腸管内だけでなく、腹膜等、隣接臓器間でも起こる。
症状
Symptoms
腹痛・腹鳴・腹部膨張感・食欲不振・便通異常・不眠・倦怠感
治療
Treatment
通過障害が起こると、再手術となるが、基本的には消化のよい食事をする等の日常生活の一般治療である。

ページのトップへ ▲

腸間膜動脈閉塞症

腸間膜動脈閉塞症は、小腸、大腸の栄養補給機能の血管が狭くなったり閉塞し、腸管が壊死するものである。

原因
Cause
心筋梗塞や心房細動、リウマチ性心臓病等を原因とする。
症状
Symptoms
腹痛・嘔吐・発熱・大便、ガスが出なくなる・血圧低下・チアノーゼ、意識障害
処置しないと、生命の危険がある。
治療
Treatment
できるだけ早い手術が必要である。腸管の壊死は、発症後1日で起こる。

ページのトップへ ▲

腸結核(ちょうけっかく)

腸結核(ちょうけっかく)とは結核菌が腸に炎症を起こすものである。

症状
Symptoms
腹痛・血便を伴う下痢・便秘・下血・発熱・食欲不振・体重減少 など
治療
Treatment
腸結核の治療には、栄養価の高い食事と抗結核剤の投与が有効である。しかし、狭窄を起こした場合には、手術の必要がある。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【腸・肛門】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる