医学用語辞典 消化器科用語【腸・肛門】

>>消化器科用語【腸・肛門】辞典トップ    >>運営者情報

大腸炎

偽膜性大腸炎

偽膜性腸炎は、抗生物質服用により、腸内細菌に異変が起きジフテリアのような偽膜が胃腸にできる薬剤性大腸炎のひとつで、尿毒症等の病気でも起こるものである。

原因
Cause
抗生物質の服用や、尿毒症、重い感染症、水銀中毒等を原因とするが、炎症の発症原因は不明である。
症状
Symptoms
吐き気・嘔吐・腹部に鈍痛・ひどい下痢・発熱
放置するとショック状態になる場合がある。
治療
Treatment
ステロイド剤を投与し、輸血、輸液を使う。抗生物質服用が原因の場合は、その服用を中止した上で、下痢止め、整腸剤を使う。

ページのトップへ ▲

虚血性大腸炎

虚血性大腸炎は、大腸の動脈の血栓や血行障害で、大腸に潰瘍や壊死を起こすものである。

原因
Cause
心筋梗塞や狭心症、高血圧症、動脈硬化等、血行障害の病気を原因とする。このため、中高年に多く、高齢化とともに、発症が増加している。
症状
Symptoms
腹部の急激な激痛・血便
ほとんど数日でおさまり、壊死まで進行するのは稀である。
治療
Treatment
輸液、抗生物質の投与をし、絶食して安静にすれば、数週間で治癒する。壊死や大腸狭窄が進行している場合は、切除手術をする。

ページのトップへ ▲

急性出血性大腸炎

急性出血性大腸炎は、抗生物質の使用によって腸内細菌に異変が起こる薬剤性大腸炎のうち、急性で起こるものである。

原因
Cause
主な原因は、ペニシリン系抗生物質の服用により、黄色ぶどう球菌の毒素が排出されて起こる。
症状
Symptoms
さすような腹痛・下痢・下血
1週間程度で発症する。
治療
Treatment
原因となる薬剤使用を中止する。

ページのトップへ ▲

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは、大腸、特に直腸の粘膜がただれ、潰瘍などができるものである。最近は徐々に患者数が増加しているが、従来は欧米に多い病気であり、日本ではあまり見られなかった。また、20歳代での発症が多く見られ、厚生省により難病に指定されている。

原因
Cause
潰瘍性大腸炎の原因は免疫に関係があると見られているが、はっきりしたことは分かっていない。ストレスが病気を進行させることは確認されている。
症状
Symptoms
粘液や血液の混じった便、下痢・発熱・腹痛
治療
Treatment
潰瘍性大腸炎の治療の基本は、消化吸収がよく、栄養価の高い食事を摂ること。内科的治療としては、症状に応じた薬物療法があるが、それが功を奏さない場合は、外科的治療として大腸切除手術が行われる。

ページのトップへ ▲

潰瘍性大腸炎の食事療法

潰瘍性大腸炎は、大腸粘膜の潰瘍である。

食事のポイント

●高エネルギー、高タンパク、高ビタミン食にする
栄養補給をする。ただし、消化のよいものにして、胃に負担をかけないようにする。
●刺激物、消化の悪いものをとらない
コーヒーや酒、香辛料、生野菜、豆、牛乳、チーズ等を避ける。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【腸・肛門】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる