医学用語辞典 消化器科用語【腸・肛門】

>>消化器科用語【腸・肛門】辞典トップ    >>運営者情報

下痢

外痔核

外痔核は、肛門と直腸の境目である歯状線より下に痔核ができるものである。

原因
Cause
下痢時の頻繁な排便や、便秘のいきみ、また下半身の冷え等で肛門がうっ血するのが原因である。
症状
Symptoms
いぼ状の痔核形成・激痛
治療
Treatment
薬物療法として、坐薬、軟膏、内服薬を用いる。切開手術を行う場合もある。

ページのトップへ ▲

内痔核

内痔核は、肛門内側で、静脈がうっ血し、いぼ状の腫瘍ができるものである。

原因
Cause
主な原因は、便秘や下痢で、作業時の姿勢によって下半身の血行が悪くなったり、妊娠、出産、暴飲暴食が原因となる場合もある。歯状線という、直腸と肛門の境目部分より上部にできる。
症状
Symptoms
出血・痔核が排便時脱出・痛み・出血、残便感(脱肛時)
治療
Treatment
薬物療法として、軟膏、坐薬、内服薬等を使う。外科的療法で、注射、手術を行う。脱肛は手術を要する。

ページのトップへ ▲

裂肛(切れ痔)

裂肛(切れ痔)は、肛門粘膜が切れるものである。

原因
Cause
下痢時の頻繁な排便や、排便時のいきみを原因とする。とくに肛門後部に多い。
症状
Symptoms
排便時の激痛・出血
痛みは1時間程度続くこともある。
治療
Treatment
簡単な手術もあるが、坐薬、軟膏を使うのが一般的である。肛門を清潔にするのも必須である。

ページのトップへ ▲

痔ろう(あな痔)

痔ろう(あな痔)は、肛門皮下組織の膿が脱出した跡に形成される管状のものである。

原因
Cause
肛門周囲膿瘍が悪化して起こり、放置すると、がんになる危険がある。
症状
Symptoms
発熱・痛み
ろう孔が閉じ炎症が再発することで、症状が出る。膿が出てしまうと炎症がおさまる。
治療
Treatment
手術を要する。

ページのトップへ ▲

痔の食事療法

痔は、便秘予防によって、悪化させない食事療法が必要である。

食事のポイント

●食物繊維、ビタミンC,Eを豊富にとる
野菜、芋類、海藻は排便を促し、ビタミンは粘膜、血管を強化して、便秘を予防する。うっ血も改善する。
●香辛料、酒をひかえる
刺激物は、痔の痛みを増す作用がある。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【腸・肛門】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる