医学用語辞典 消化器科用語【腸・肛門】

>>消化器科用語【腸・肛門】辞典トップ    >>運営者情報

大腸ポリープ・家族性ポリポーシス

大腸ポリープ

大腸ポリープは、大腸粘膜が内側に突き出し、きのこ状に隆起したものである。

原因
Cause
大腸粘膜の突出が原因である。大腸ポリープのうち、腺腫と呼ばれるものが80%で、がんに変わる可能性がある。他に若年性ポリープ、炎症性ポリープがある。40代以上の男性に多く、そのほとんどがS状結腸と直腸に発症する。
症状
Symptoms
下血・残便感
ポリープが小さいと、自覚症状はないことが多い。
治療
Treatment
ポリープを内視鏡によって切除する。がん細胞のある場合は、切除手術をする。

ページのトップへ ▲

大腸ポリープの食事療法

大腸ポリープは脂肪のとり過ぎが原因のひとつである。

食事のポイント

●脂肪を制限して、豆類、野菜をたくさんとる
脂肪をひかえ、便通のために豆、野菜を食べる。
●ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムをたくさん摂取する
魚、果実、ナッツ等内のビタミンで代謝を改善し、海藻、青菜、そば、 じゃがいも等からカルシウム、マグネシウム不足を補給する。

ページのトップへ ▲

家族性ポリポーシス

家族性ポリポーシスは、大腸に無数のポリープが発生するものである。

原因
Cause
遺伝が原因となることが多い。がんに変わる確率が高い。
症状
Symptoms
出血・下血・腹痛・大腸がんの合併
治療
Treatment
切除手術を行う。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【腸・肛門】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる